アブダビ:カッスル・アル・サラーブ by ANANTARA プライベートプールヴィラ宿泊記 (5)ラクダに乗って日の出を見に行く

Activity ここまで奥深い砂漠に来たら、日の出をラクダに乗りながら楽しむ・・・というベタな選択も悪くありません(*^_^*)! ラクダ初体験の主人の強い希望もあり、2日目の朝に「サンライズ キャメルライディング」アクティビティをお願いしました。 レセプションホールにアクティビティ受付カウンターがあるので、そこでモロッコ女性のスタッフと会話しながら手続きをします。 ひとり15,000円という参加費は、ドバイの砂漠ツアーよりも高めです。 でも参加してみて分かりました、さすがリゾートのアクティビティ! 自由度が高く濃厚。オススメできます。[…]

Continue reading …

東京:天空焼肉 星遊山(汐留シティセンター41階)でユッケを食らう

Atmosphere 汐留にある高層ビル、汐留シティセンター41階の「天空焼肉 星遊山」でお肉を食べてきました。 普段からこんなところで食事をしているわけではもちろんなく、この日は主人のお誕生日祝いで特別に。 港区で唯一ユッケを出す許可を取っているお店だそうで、ユッケ大好きマンとしては行かない理由がありません。 半個室をご用意頂きましたが、景色は・・・><周りも高層ビルなので角度によってはこうなんですよね・・・。 左から電通ビル、コンラッドです。レインボーブリッジとお台場のあたりも見えるので良いのは良いのですが。 Dinner[…]

Continue reading …

東京:アンダーズ東京52階ルーフトップバーでカクテルを楽しむ

Rooftop Bar アンダーズ東京は虎ノ門ヒルズの上層階に位置していますが、最上階である52階にはなんとオープンエアのバーがあります。 その名も「ルーフトップバー」! 風が吹くので、冬に訪問した際はめちゃくちゃ寒かったです。でももう6月も半ばになると夜でも気持ちがいいですね、むしろ冷房がきつくて冷えました。 東京湾の夜景が美しい窓側のソファ席は20時以降テーブルチャージ2000円です。(アンダーズの宿泊者はかからなかったはず) この夜はサクッと1杯だけ楽しんで帰る予定だったので、室内の席にしてもらいました。[…]

Continue reading …

アブダビ:カッスル・アル・サラーブ by ANANTARA プライベートプールヴィラ宿泊記 (4)テニスコートでナイトゲーム

Tennis Court カスルアッサラーブには数々のアクティビティが用意されていますが、日の出の瞬間から酷暑が始まるこの地では、屋外での活動時間が限られてしまいます。アクティビティに参加できるとしたら、日の出のタイミングか、日が落ちて涼しくなり始める20時以降。何をいつ行うか・・・シビアな決断が必要です!笑 そんな厳しい選考の結果、初日の夜に行うことに決まったのは・・・なんと、テニス! 最初にこのリゾートに着いた時、バギーで敷地内を色々と案内して頂いたのですが、ヴィラから少し離れたところに大きなテントが特徴のテニスコートが見えました。 ラケット等はホテルで貸してくれ、コートは貸切で使えると案内されました。 私たち夫婦はテニスの習慣はありませんが、完全にプライベートなら気兼ねなく遊べそう・・・とかなりこの案に惹かれます。[…]

Continue reading …

東京:アンダーズ東京BeBuでカジュアルな休日ランチ

Lunch アンダーズ東京は立ち寄りのしやすさから、普段から食事利用させて頂いています。中でも大通りに面したオープンテラスが特徴のBeBuは雰囲気もお値段もカジュアルで、とても利用しやすいです。 土日は特に近所の人たちの来店が多く、家族や友人で集まってブランチに使っています。 ・・・でも私たち夫婦は土日もちゃんと早くから活動しているので、BeBuで一息つく頃にはランチです!笑 テラスが気持ちのいい季節になっています! 日陰になるので暑くもなく、寒くもなく。 問題と言えば、風が吹くと卓上のナプキンが吹き飛ばされる事でしょうか。笑[…]

Continue reading …

アブダビ:カッスル・アル・サラーブ by ANANTARA プライベートプールヴィラ宿泊記 (3)朝食ビュッフェ、フェットネス&プール

Breakfast ・・・今初めてBreakfastの語源が「break fasting」だと気付きました。ムスリムの友人が断食明けのイフタールのことをBreakfastって言っていて「朝じゃ無いのに変なの〜」って思ってたんですけど、本来の意味で使っていたんですね。失礼しました。 さてさてカスルアッサラーブには2泊しましたので、朝食を頂くチャンスも2回ありました。 朝食会場はAl Wahaというビュッフェ専門レストランです。来店機会はありませんでしたが、ランチ・ディナーの営業もビュッフェスタイルで行っているようでした。 私は、珍しい食べ物をちょこっとずつ試食するのが大好きなのでビュッフェが大好きです。[…]

Continue reading …

アブダビ:カッスル・アル・サラーブ by ANANTARA プライベートプールヴィラ宿泊記 (2)プライベートプールヴィラ室内

Welcome to our Villa. カスルアッサラーブ(アラビア語の発音を尊重してみます。笑)は、約150室のゲストルームと約50棟のプライベートヴィラから成り立っています。 今回選択したのは、1ベッドルーム・プライベートプールヴィラです。 93平米もあり、かなりゆったり過ごせます。この時期2泊3日(朝食付き・諸税込)で15万円くらいでした。1人1泊4万円未満でこのクオリティですから、本当に海外のホテルは安いです。[…]

Continue reading …

アブダビ:カッスル・アル・サラーブ by ANANTARA プライベートプールヴィラ宿泊記 (1)ドバイをレンタカーで走る

What’s Qasr al Sarab? ドバイで砂漠の中に泊まれるリゾートホテルといえばアル・マハかバブアッシャムスが有名ですが、都市部に近いということもあり砂漠馴れしている人にとっては感動が少ないという話を聞きます。せっかくなら360度砂しかない世界で満点の星を眺めたい・・・!色々検討した結果、今回はドバイから車で3時間半(アブダビ市内からは車で2時間)、サウジアラビアとの国境にほど近いカッスル・アル・サラーブ(発音的にはカッスル・アッサラーブかな)に宿泊することにしました。 その宿泊記を何回かに分けてお送りします。まずは、ホテルに着くまで〜🌟 How[…]

Continue reading …

オマーン:世界一高価な香水アムアージュ(Amouage)の工場見学

What is Amouage? アムアージュについては、在オマーン日本大使館HPによる解説が正確かつ簡潔でしたので、丸々引用させて戴きます。 オマーンを代表するお土産の一つに,乳香があります。乳香とは,カンラン科ニュウコウ樹から採取される固形の樹脂で,炭で焚くことで,その奥深く神秘的な香りを楽しみます。 乳香は古代の王族や貴族の社会において黄金に値するものとして取引されていた歴史があり,現代においても大変珍重される天然香料の一つです。オマーンは最高級の乳香の産出地でもあります。   1983年,カブース国王の命により,その乳香を基礎香料に用いた香水ブランド「アムアージュ」が誕生しました。アムアージュは元々国賓への贈答品として創設され,「王様の贈り物(The[…]

Continue reading …

ドバイ:ラッフルズホテル クラブルーム宿泊記

What is Raffles Dubai? 言わずと知れたシンガポールのあのラッフルズが、ここドバイにも進出しています。外観は大胆なピラミッド型をしており、アラベスク柄のエキゾチックな内装が上品です。 ラッフルズドバイでの滞在は、まるで日本にいるかのような安心感のあるものでしたかの有名な日本食レストランTomoが入っていますし、日本人客にはちょっとしたサプライズがあります。ホテルの規模が大きくない分、隅々までサービスが行き届いている印象です。 今回はクラブアクセス付きの部屋を予約し、ラウンジでの軽食も楽しんできました。[…]

Continue reading …